文房具生活.comロゴ
 文太郎のブログ このサイトについて 運営者について サイトマップ

トップページ用途別コラム書く消す切る貼る捺す綴じる電子学習生活
PR





ランキング 用途別 ランキング コラム ランキング 文房具
1位.ルーズリーフ派の強い味方
2位.手帳用ボールペン
3位.穴を開けずにファイリングで…
4位.履歴書に最適?書いて消せる…
5位.便利な修正テープと修正液
1位.フリクションボールについて
2位.名刺入れ選びのポイント
3位.砂消しって…
4位.消しゴムについて
5位.ノーカーボンとバックカーボン
1位.パイロット フリクションボー…
2位.トンボ鉛筆 リポーター スマー…
3位.ペーパーメイト リプレイマッ…
4位.コクヨ クリップテープ
5位.リヒトラブ スライドリング
※多くの方に閲覧して頂いてるページです。 

TOPコラム ⇒ 【コラム】名刺入れ選びのポイント

【コラム】名刺入れ選びのポイント

こんにちは。
熊本の文房具店で働いている、文太郎と言います。

今回は、名刺入れを選ぶ時のポイントを掲載します。と言っても、明確にこれを選ばなければいけない、という基準ではないので、参考程度に見て頂けたら幸いです。

社会人になって、ほとんどの人が買うことになる名刺入れですが、私はこの名刺入れで失敗した経験があります。
まず、私が働いている文房具店(会社)は、元々納品系(店舗を持たず、倉庫だけを持っていた)会社だったので、店頭に立っている社員は全て営業経験者です。新入社員は必ず営業から始める、しきたりがあり、私も約2年間営業をしていました。

上司の同行研修も終わり、研修の時に売掛契約を頂いた新規の会社を1件任せてもらえることになりました。社長とご担当者にご挨拶に訪問した時、研修が終わって会社から名刺を支給されたので名刺交換をさせて頂きました。
その時、「名刺入れ、高そうだね」と社長から言われました。高いモノが良いと思っていたので、嬉しかったのですが、それから明らかに態度が変わり、中々注文を貰えず、さらにアポを取ろうとしても「忙しいから…」と断られようになりました。
これはいけない、と研修担当の上司が、先方へ訪問したら理由を話してくれました。

先方の態度が悪くなった原因は「名刺入れ」が年相応でなかったことでした。当時は、社会人になったばかりで意気込んで、レイメイ藤井のシェルコードバン 希望小売価格(税込)8,400円を買いました。
先方の社長は叩き上げで、建築業界で長く厳しい下積みを経験し、40代で今の会社を作り、そこからさらに厳しい時を経験されています。少しでも注文が貰えるように、色々な所に営業に行っていました。

そんな社長は、人生経験も、仕事経験も、技術も、知識も、基礎すらままならない、19歳のガキが、高い名刺入れを持っていることが許せませんでした。社長にとって、営業とは会社の売上を左右する大事なことです。強いては、生活する為の手段です。だからこそ、社長にとって当時の私が高い名刺入れを持ってることに納得出来なかったのです。
本当に当時はどうしてそんなことで怒るのか、説明されても理解と納得できませんでした。今は後輩もできて、少なからずお店の運営に直接関わるお仕事をさせてもらうようになり、あの時の社長が怒られた理由が理解できるようになりました。

名刺入れは、身だしなみと同じくらい、相手から見られます。それくらい大切なモノなんです。そこで、今回は失敗した経験を活かして、実際に店頭でお客様にお伝えしている名刺入れ選びのポイントをご紹介します。

@職業に合わせて選ぶ。
名刺を選ぶのに一番大切なポイントです。どんなお仕事なのか、それによって名刺入れも変わります。
◆ホスト、ホステスのように自分を魅せる職業の人が、アルミカードケースのように安く見える名刺入れを使用していると、安っぽく見られてしまい、幻滅されることがあります。。これは、実際にありました。ホストの人がアルミカードケースを買っていきました。翌日、高めの名刺入れを買いに来られました。先輩から、まだ人気が無くてお金が無くても、食費を削って無理してでも革製を買ってこい、女性を楽しませるには持ち物にケチるといけない、と怒られたそうです。かなりカラフルなデザインの名刺入れを買っていかれました。(3,150円)
◆自動車や不動産、ジュエリー、ブランド物を扱っているお店、など取り扱っているモノが高額になればなるほど、名刺入れも高く品のあるモノが好ましいです。社員一人一人が、会社の代表ですから、お客様と接する社員で会社が評価されます。高額なモノを扱っているのに、担当者の名刺入れが安っぽい、派手すぎる、ボロボロ、など見る人に不信感を与えたら、それが会社の評価に繋がります。
◆女性に女性向けのデザインの名刺入れをオススメしたら、司法書士をしているのでこういったデザインは…と断られた経験があります。弁護士、司法書士などの法律家、カウンセラーなど、相手との信頼関係が重要なお仕事をされている人はブラウンや藍色のような落ち着きのある色、デザインを選びましょう。人は無意識に相手のしぐさ、外見、持ち物から信頼出来る人か、どうかを見極めようとる本能が働きます。名刺を渡す(交換する)行為、これは仕事をしている上で必要ですから、見られる名刺入れにも気遣いが必要です。

A年齢、経験に合わせて選ぶ。
名刺を選ぶのに二番目に大切なポイントです。これは、先に書いた自分の失敗が良い例です。社会人1年生が高い名刺入れを使用していたり、社長・部長・課長などの責任ある立場の人が安い名刺入れを使用していたら、それで評価されてしまいます。相応の格好があるように、名刺入れにも相応の名刺入れがあります。

B色、柄、デザインで選ぶ。
最後のポイントは、好きな色、柄、デザインです。上記の@、Aのポイントを考慮して、好きなデザインで選びましょう。でも、場合によっては「赤」色のモノは避けた方が良い時があります。赤は、赤信号、赤い血、赤い火、赤いバラにはトゲがある、など危険なモノに使われていることが多いですよね。その為、人は無意識に赤色を見て危険を想像してしまうことがありますので、注意が必要です。

以上、名刺入れを選ぶ主なポイントになります。最近、個性、個性、と社会的に言われることが多くなりました。そして、それを仕事にも持ち込もうとする人が居ます。特に、若い人に多いです。常識の範囲内なら、良いですが明らかにやり過ぎと思う時もあります。あくまで、会社の代表として恥ずかしくない、範疇で行いましょう。購入の時の参考になれば、幸いです。

最後に、あまり考えない人が多いですが、収納枚数で選ぶことも必要です。私は、100枚、80枚、50枚、30枚、10枚、の名刺入れを持っています。それは、状況で変える為です。例えば、展示会に行くと普段はお会いしない人達(本社勤務の社員さん、九州営業所の他の方、所長さんなど)にお会いします。メーカー主催の場合は、そんなに交換しませんが、問屋主催の場合は、小規模でも50社近いメーカーが来ていますので頻繁に交換します。そんな時に、30枚収納の名刺入れだったら何度も補充する必要がありますので手間が掛かります。さらに、相手も何十人という人を対応するので迷惑をかけてしまいます。でも、100枚収納の名刺入れだったら、最低でも100人の方と交換できます。新規取引先の展示会には、必ず200枚分を持っていきます(名刺入れを2つ持って)。
最近では、オフ会やファン同士の交流会、新入社員親睦会で名刺交換するそうです。名刺交換がかなり身近になっているので、交換する状況に合わせて収納枚数を考慮してみるのも良いでしょう。

名刺入れ使用時の注意
名刺入れの使用に関して、注意点をご説明します。
@名刺をギチギチに入れない。
名刺入れの収納枚数は、あくまで目安です。名刺用紙が厚ければ、それだけ枚数が減ります。30枚収納と書いてあるから、30枚入れる必要は無いので、少し余裕を持たせて入れましょう。ギチギチに入れた場合、取り出しにくくて名刺が汚れたり、破れたりします。また、名刺同士で擦れてインクで汚れることもあります。

A名刺入れをズボンの後ろポケットに入れない。
特に夏場はクールビズでズボンの後ろポケットに入れている方が居ます。これは、かなり最悪です。マナー違反になりますし、座りっぱなしの時はお尻に汗をかいて、名刺入れや名刺が傷んでしまいます。手に持つか、カバンに入れて持ち歩きましょう。

B置きっぱなしにしない。
頻繁に見かけます。カウンターの上やデスクの上に置きっぱなしにして、作業していたり相手と会話している人が居ますが、よくありません。名刺も身分証明書の一つです。軽く考えている人が多いですが、家に訪問してきた人に、免許証見せて下さい、なんて言わないですし、相手も見せないですよね。その代わり、どこの会社の誰なのか、を証明するのが名刺です。そう考えると、大切ですよね。悪用されるかもしれない、頂いた名刺を一緒に入れている場合は特に管理は徹底する必要があります。最近は、顔写真入りの名刺を作る企業も多くなりました。

C名刺を名刺入れに入れっぱなしにしない。
頂いた名刺も自分の名刺も入れっぱなしにしてはいけません。入れっぱなしにしていると、名刺がどんどん傷んでいきます。特に、光沢紙や写真用紙で凝った名刺の場合は絶対にしてはいけません。最悪の場合は、湿気が溜まって名刺同士がひっつく場合があります。私も角折れしている名刺や、角が黒ずんでいる名刺を頂くことがありますが、本当に不愉快でしかないです。名刺まで気を遣えない人は、お客様も雑に扱う傾向が強いですし、そうでない人もそう思われてしまいます。

D名刺入れの手入れをする。
長く使用する為には労わってあげる必要があります。仕事終わりに、今日も一日お疲れ様、また明日も宜しくね、と声を掛けてあげて下さい。そして、綿棒などで内側の隅っこを綺麗に掃除してあげて下さい。革の場合は、革の手入れも必要です。名刺入れも休息が必要ですから、あまり酷使せずに適度に扱ってあげて下さい。

名刺入れ専門店【mgnet】(楽天市場)
可愛くて、オシャレなデザイン〜落ち着きのあるデザインから、好きな名刺入れを選べる、ショップです。近くのお店には、名刺入れが少ない、気に入ったデザインがなかった時にご覧下さい。自分用から贈り物として、幅広く選べます。
合計金額6,000円以上で送料無料! 送料一律600円(沖縄県と一部離島除く)


用途別USE
文房具情報サイトの文房具生活.comで掲載している便利、役立つ文房具を使用する状況、用途別でご紹介しています。


コラムcolumn
熊本の文房具店店員が、店頭に立っていて感じていたことや、文房具の新製品情報、文房具店情報、お客様から聞いた独自の使用方法や、メーカーさんに聞いた話しをご紹介しています。

前ページへ戻る
サンワサプライ 防水ケース 夏本番!!これから海水浴やアウトドア、釣りなど、活動的になりますが、スマートフォンやタブレットなどの防水は大丈夫ですか?
サンワサプライの防水グッズで備えましょう。
オススメの消しゴム 小さい頃から大人になっても使用し続ける文房具の一つである消しゴム、多くのメーカーから色々な種類が発売されている中でオススメの消しゴムをご紹介しています。
(オススメの消しゴム)
便利な蛍光ペン 1本で2色が使える、1本で3種類の線幅が使える、まるでクレヨンのようになめらかに線引きが出来る固形タイプの蛍光ペンなど、進化した便利な蛍光ペンをご紹介しています。
(便利な蛍光ペン)
コニシ 木工用ボンド ボンド木工用だけ有名で困ってます!木工用ボンドだけじゃなく、コニシ製品は色々な所で使われています。
ボンド木工用だけじゃない、コニシをご覧ください。
(コニシHP、特集ページへ)
慶弔事に役立つ文房具 誰もが一度は出席する冠婚葬祭、金封に包む金額や表書き、服装など準備が必要になりますが、ここでは慶弔事に役立つ文房具をご紹介しています。
(慶弔事に役立つ文房具)
日本筆記具工業会 替芯互換表 お気に入りのボールペンの替芯(リフィル)を他メーカーのと交換したい、ボール径のサイズを交換したい、そんな時に便利なのが日本筆記具工業会が作成している替芯互換表です。
トンボ鉛筆 トンボのこころ トンボ鉛筆の企業理念を広める為2006年から始まった新聞広告、トンボのこころ。文具好きも、そうでない方も一見する価値があります!(トンボ鉛筆、トンボのこころ)
※音声が出ますので注意して下さい。
コクヨ ステーショナリーストーリー コクヨの人気商品の開発秘話が分かる、ステーショナリーストーリー、思わず「へぇー」と驚いてしまうような、誰かに話したくなる秘話が掲載されています。
(コクヨ、特集ページへ)
冠婚葬祭 ご贈答マナー ご贈答時のマナーから、のし紙、のし袋などの書き方や表書き、お中元・お歳暮・年賀の役立つ情報が掲載されている、タカ印のササガワが運営するサイトです。
(ササガワ、冠婚葬祭の総合情報サイト)
万年筆を使いたいと思った人へ 最近若い人を中心に流行っている万年筆、初めて使う人や、使おうと思った人にオススメする初めての人でも使いやすい万年筆をご紹介しています。
(万年筆を使いたいと思った人へ)
アイデアを応募しよう 文房具を使用していて感じる疑問や、あったらいいな、などアイデアを募集しているメーカーを掲載しています。
(アイデアを応募しよう!(平成25年度))
ニチバンのサービス券付き パッケージに付いているサービス券を集めて、ビール券や洗剤セットなどもらって嬉しい景品と交換できる、ニチバンのサービス券付きシリーズを掲載しております。
(ニチバンのサービス券付き)
便利な修正テープと修正液 ボールペンで書いた文字や印刷された文字を修正するのに便利な修正具、多種多様な修正具の中からオススメしたい便利な修正テープ、便利な修正液をご紹介しています。
(便利な修正テープと修正液)