「便利な文房具は寿命(売れる期間)が短い、役に立つ文房具は寿命(売れる期間)が長い。」、店頭スタッフになったばかりの時に「売れると思う文房具を仕入れて売り場を作れ」入口正面の売り場作りを任されました。その時に、商品選定したリストを見た店長に上のように言われました。
「便利」というのは、その作業をする為にあれば助かるけど絶対に必要ではない文房具、「役に立つ」というのは、その作業をする為には無いと困る文房具。例えば、書く為にシャープペンは欠かせない文房具ですので発売が中止されたら困りますが、三菱鉛筆から発売されている書く度に芯が回転して均等に削れていくクルトガはあれば便利ですが発売が中止されても困りません。でも、一概にそうだとは言えません。クルトガが無いと、生きていけない、という人も居るでしょう。だからこそ、文房具店はボールペンも、シャープペンも、色々な種類を陳列する必要がある、と。私は、それを考えずに人気が高い文房具から商品選定をしたので偏ってしまいました。店長が教える商品選定のコツは、使用する状況を考えること、そうすれば多くの人には売れないかもしれないが、必要としている人の為の文房具を選定できる、そう教えられました。
悪戦苦闘しながら、2週間かけた売り場のテーマは「夏休みの宿題」、小学生をターゲットにして、後半になって慌てる前に、お母さんに怒られて嫌々する前にちゃんと準備をしておこう!という、夏休みの宿題に使用するという状況を考えて、ゴッホ画用紙と絵具セット(絵を描く為)、広用紙、プロッキー、クツワの手作りシリーズなど(自由研究の為)、ルーペ、絵日記、クーピー、色鉛筆など(植物の観察日記、絵日記の為)、キョクトウの漢字練習帳、作文用紙、うちわ、風鈴作成キット、ジオラマ作成キットなどを陳列しました。好評いただきまして、定番外の商品を残すことなく完売することが出来ました。それから、色々と売り場作り、企画を採用してもらうことができ、多くのお客様に喜んでもらうことが出来ました。
ここでは、実際に売り場作り行ったり、問い合わせがあって調べた文房具など、用途別にオススメの文房具をご紹介していきます。